心のケアをするビジネスも必要だと思います。

心のケアをするビジネスも必要だと思います。

心のケアをするビジネスも必要だと思います。

不景気で、デフレで、安いものしか売れないし・・・

人口減少でものが売れる需要も減ります。

そんななかで何を売るか考えるとき、メンタルを救うものをサービスとして提供する

という考えはどうでしょうか。

メンタルケアをするということは、ある程度資格もあった方がいいわけですが、

臨床心理士ぐらいでしたら、今からでもとることは可能だと思います。

震災もありましたし、リストラなどで苦しむ人もいます。

(役立つ記事「>被災者へのこころのケアをビジネスに乗せて継続することも大切だ」)

高齢化で、一人で暮らす老人も増えています。

つまり、医療的な治療を受けるまでいかなくても、メンタル的な相談がしたいという需要もあるでしょう。

話相手、世間場ない、ちょとした相談などをしてくれるサービスがビジネスとしても存在するのではないかと思います。

関連する役立つ記事

「便利屋・代行サービスは人口減少でも高齢化で需要が伸びる」


トップへ戻る