自宅をオフィスとして開業すればリスクは少ない

自宅をオフィスとして開業すればリスクは少ない

自宅をオフィスとして開業すればリスクは少ない

自宅開業でスタートすれば、家賃などの支払いの支払いの経費がないので、継続して行くことに関するリスクは少なく、精神的にもとても楽です。

もっとも自宅をオフィスにするのではビジネスがやりにくいということもあるかもしれません。

そんな場合は仕方がないので、レンタルオフィスを借りるという方法で経費を抑えるといいでしょう。

自宅をオフィスにすると、通勤時間や、交通費も削減できるなど、事業継続のコストがとても下がりますので、独立開業に踏み切るときも楽だと思います。

もっとも、自分の持ち家や家族所有の自宅でない場合、結局家賃という経費は存在するので、その場合は同じ事ではありますが。

ただ家族が住む家だと、家族に迷惑がかかるようなこともあるかもしれませんので、家族の承諾などはちゃんとえておきましょう。

つなみに自宅でも、会社設立の本店住所の登記として使う事ができますので、法人設立にもなんら支障はありません。

トップへ戻る