公認会計士ですら、就職難

最難関で、社会的地位も高い二大、独立開業資格といえば、弁護士と公認会計士だが・・・

試験も研修も、認定もとても難易度の高い公認会計士ですら、就職難となっています。

弁護士も、数が増やされてから、営業力がないと大変そうですが・・・。

この2、3年で合格者が急増した公認会計士は、リーマンショック以降、企業の需要はなく、また監査法人も、採用を減らしていることから、資格を取っても就職先がないという状態です。

まだ、自力で開業できるようなものであればいいのですが、実務を積まなければ役に立たない資格であることから、苦労してお金時間と労力を使って、

それで独立開業できない資格となれば、これほど悲惨な資格はありませんね。

もっと簡単にとれて、独立開業に役立ちそうな資格がほかにありそうです。

難易度の高い資格を時間をかけて取得しても、独立開業という面でみたら、あまり意味はないと考えると、事務に必要な、簿記とか・・・

そんなものを取得したほうがビジネスには役立つかもしれませんね。

ネットで稼ぐならば、資格よりもスキルと実践経験ですしね。

トップへ戻る