飲食店開業には許可申請が必要になります

飲食店開業には許可申請が必要になります

飲食店開業には許可申請が必要になります

飲食店での独立開業は、とくにこれといったビジネスノウハウを持たない会社員の脱サラではとても人気です。

独立してお店を開こうとした時、飲食店開業には、許可というものが必要で、個人事業開業といえど、この許可がないと、営業ができません。

許可は、条件がととのっていれば、誰でも受けられるのですが、現地確認をするために保健所が見に来ますので、書類上の用件だけととのえておけばいいわけではありません。

また、定期的に更新のために、保健所が現地確認にやってきますので、衛生状態などを常に保っておかなければなりません。

もちろん何か疑惑や通報があれば、抜き打ちの調査もあるでしょう。

もちろん、許認可以上に、食を扱うと言うことは、人の一のにも関わることにもなるので、安全で衛生的な環境を維持することは当然のことではありますがね。

飲食店の開業は、店舗を持つ場合開業資金もたくさんいりますし、食中毒など出したときの損害賠償など、また日を扱うため、出火の心配などもあり、

けして楽な商売ではありませんので、安易に、脱サラ独立開業したいけれど、飲食店ぐらいしかないからという理由で始めるのやめたほうがいいでしょう。

トップへ戻る