独立開業ビジネス知恵袋

独立の知識

独立の知識記事一覧

正社員から滑り落ちて、ほかに選択肢もなくて、独立開業しなければならない状況になることがあるかもしれませんし。いまや家族をもてば、夫婦で働いてようやく生活できるレベルの日本になってきています。収入格差はどんどん広がるばかりですから、低収入に絶えるか、自力で別に収入源をつくるかしかないと思います。どんな状況になってもいいように、今とくに問題ないのならば、その間に少しでも自力で稼ぐ能力を強化しておくべき...

飲食店での独立開業は、とくにこれといったビジネスノウハウを持たない会社員の脱サラではとても人気です。独立してお店を開こうとした時、飲食店開業には、許可というものが必要で、個人事業開業といえど、この許可がないと、営業ができません。許可は、条件がととのっていれば、誰でも受けられるのですが、現地確認をするために保健所が見に来ますので、書類上の用件だけととのえておけばいいわけではありません。また、定期的に...

起業したら、取引先などの担当者の役職への就任とか新しい店舗の開店とか、そういったお祝いの場面に遭遇するはずです。そんなとき、より取引を盛んにするためにお祝いを贈るというのは重要なことですから、御祝いの贈り物についても知っておくべきことで、ビジネスマナーともいえます就任の御祝や過程ンのお祝いの定番は蘭の鉢植えです。いちばんあたりさわりがなくて、飾って楽しめる蘭は縁起がいいですし、ステータスのある花で...

>独立開業計画を立てるときの参考として、独立必要で以外と忘れがちなことをあげておきます。独立開業するときの手順としては、まず、社会保険の手続きについて忘れずに行っておきましょう。脱サラの場合、雇用保険に入っていたわけですが、独立開業するための退職の場合、失業手当はもらえません。しかし、起業するということで、雇用保険から給付を受けられますのでがっかりすることはありません。私はこのことを知らなかったの...

自宅開業でスタートすれば、家賃などの支払いの支払いの経費がないので、継続して行くことに関するリスクは少なく、精神的にもとても楽です。もっとも自宅をオフィスにするのではビジネスがやりにくいということもあるかもしれません。そんな場合は仕方がないので、レンタルオフィスを借りるという方法で経費を抑えるといいでしょう。自宅をオフィスにすると、通勤時間や、交通費も削減できるなど、事業継続のコストがとても下がり...

最難関で、社会的地位も高い二大、独立開業資格といえば、弁護士と公認会計士だが・・・試験も研修も、認定もとても難易度の高い公認会計士ですら、就職難となっています。弁護士も、数が増やされてから、営業力がないと大変そうですが・・・。この2、3年で合格者が急増した公認会計士は、リーマンショック以降、企業の需要はなく、また監査法人も、採用を減らしていることから、資格を取っても就職先がないという状態です。まだ...

トップへ戻る