30歳以降は独立開業計画を持っているべきだ

30歳以降は独立開業計画を持っているべきだ

30歳以降は独立開業計画を持っているべきだ

今正社員として働いている、一般サラリーマンの方。

パート、アルバイトの実状をご存じですか?

もはや30歳以降になれば、パートやアルバイトでさえ、そう簡単に採用してもらえない時代となっています。

一度正社員を離れたら、それはそれは厳しい現実がまっているのです。

リストラ、倒産・・・それといつどこでやってくるかもしれません。

東日本大震災のように、突然やってくる災害で職を失うことだったありえます。

こんなリスクの高い雇用環境では、雇われるということだけに、力を注いでも、再就職支援を受けても、ろくに仕事にありつけない時代では、生き残れない時代です。

ワーキングプアよりも生活保護をもらう方が、ずっと楽ということで、それで生活している人も居るわけですしね。

このリスクに保険をかけるには、独立開業ビジネスをもつということです。

正社員でいられるのは、運がいいと考え、その正社員で居るうちに、独立開業資格をとっておくとか、スキルを身につけておくとか、できるだけ、自力で稼げる能力をつけておくべきです。

トップへ戻る